4.テーマを決める

こんにちは!karen.k デザイナーのカレンです。
今日から無料版のWordpress(wordpress.com)でサイトを制作する際のコツを紹介していきます!

サイト制作初心者の方がWordpressを始めると、必ず「テンプレートにはめているはずなのに、見本のような綺麗なサイトが作れない。」という悩みを持ちます。

それがなぜかというと、
・使っている素材(写真)の色がサイト全体の色に合っていない
・テンプレート内の情報と、ご自身が伝えたい情報が違うから

ざっくりこの2点が原因です。

WordPressのテーマを見てみると、簡単に綺麗なサイトが作れるかのように見えますが、サイトデザインは、かなり巧妙に計算されているからこそ綺麗なのです。

では、どうすれば、初心者が綺麗なサイトを作れるのか?ということを5回に分けて紹介していきます。

1.サイト制作のpoint
2. トンマナを決める
3. ワイヤーフレームを作る
4. テーマを決める
5. 実際に作っていく

まず最初に言いたいのは、「テーマを決めるときに”完成形”ではなく”デザインの詳細”を見て決めよう」ということです。今日の「4.テーマを決める」のセクションを読んでいただくと、1.2.3.の工程がなぜ必要になってくるのかがわかると思うので順番を前後して話を進めます。

先にも言ったように、サイトデザインはかなり巧妙に計算されています。作っている途中で計算式が狂わないように、テーマを決める段階から、準備をしておくことがとても大切です。

そこで今日は、テーマを決める際のポイントと、無料で使える全51種類のテーマの特徴を紹介していきます!

WordPress 無料版と有料版どっちがいい?

本題に入る前にまず、断っておきたいのですが、せっかくWordpressを使うのなら、俄然「有料版」がオススメです。

ただ、「Webサイトにお金をかけていられない!」「有料版を使いこなせる自信がない!」と言う方も多いと思いますし、実際私の講座を受講してくださる個人事業主様のほとんどがそういった方達です。

どんな方でも、Wordpressを使いこなし、ビジネスを発展させてほしいと思い、無料版Wordpressに特化してpointを紹介していきます。

テーマ決めのpoint

私が受講者の皆さんにお伝えしているpoinは、全部で4つです。

数字 ナビゲーション(ヘッダー)のデザイン
数字 フォントのデザイン/カスタム可能かどうか
数字 色合い/カスタム可能かどうか
数字 フッダー(ウィジェット)のカスタム可能度

数字 ナビゲーション(ヘッダー)のデザイン

ナビゲーションとはサイトの一番上などにあり、メニューが表示される部分のことです。百貨店の”フロアガイド”のようなものと言うとわかりやすいでしょうか?このサイトのヘッダーは少し特殊で、スマホでは一番上、パソコンでは左端に表示されています。

なぜ、テーマを決める際にナビゲーションのデザインを見るのが重要かと言うと、無料版Wordpressでは、CSS(装飾などを設定するコード)を触ることができず、ナビゲーション部分は、自由にデザインが出来ないことが多いからです。

ナビゲーションは、サイトを見る人が欲しい情報にたどり着くための重要な箇所です。ご自身が「使いやすい!わかりやすい!」と感じるナビゲーションデザインのテーマを使用することをオススメします。

ここで、ナビゲーションを選ぶときに大切なポイントをひとつ紹介させてください。それは、「ページをスクロールしても常に最上部にナビゲーションが表示されているかどうか」です。

サイトを見ている人が、常にほしい情報に最短で到達できるようにするためにはナビゲーションが常に画面に表示されていることがとても大切なのです。好きなアーティストや洋服のブランドのサイトを見てみてください。ほとんどのWebサイトがそういったデザインになっていると思います。

数字 フォントのデザイン/カスタムが可能かどうか

次に、フォントのデザインを見ていきましょう。フォントデザインは、大きく分けて「ゴシック体」と があります。このサイトは、全てゴシック体です。

フォントの選び方の基準は、”好み”ではありますが、フォントが与える印象はざっくり以下のようになりますので、ご参考までに。

フォント解説

テーマによっては、無料版でもフォントをカスタマイズできるものもあります。有料版を使うのは難しいけど、フォントにこだわりたい!と言う方は、フォントのカスタマイズ可能なテーマをオススメします。

数字 色合い/カスタム可能かどうか

サイトをデザインする上で、最も大切なのが色合いですよね。色は、イメージ伝達情報としてとても重要ですので、「テーマの色合いが自分の好みか?」または「色のカスタマイズが可能かどうか?」は、しっかり確認しておきましょう。

素晴らしいことに、無料のテーマのほとんどが、色のカスタマイズが可能です。ただ、Twenty Twenty-One / Businessは色のカスタマイズが出来ないので、これらのテーマの色合いが好みではない場合は、違うテーマを選ぶことをオススメします。

数字 フッダー(ウィジェット)のカスタム可能度

最後に、フッター部分がどのくらいカスタム可能か?を確認しましょう。フッター部分は、お店の位置情報 /電話番号/ メールアドレス / サイトマップなどが表示されている箇所です。

フッダーについては、そこまで神経質になる必要はないかな?と思うのですが、こだわりたい方はどのくらいカスタムできるのか確認しておくことをオススメします。

まとめ

以上がWordpressのテーマを決める上でのポイント4点でした!もちろんこれ以外にも、細かくみる必要があるのですが、この4点は絶対に押さえておきたいポイントなので、意識してみてください。

数字 ナビゲーション(ヘッダー)のデザイン
数字 フォントのデザイン/カスタム可能かどうか
数字 色合い/カスタム可能かどうか
数字 フッダー(ウィジェット)のカスタム可能度

のポイントをまずは押さえて、細かいデザインを見ていくことをオススメします。テーマについては、もっと紹介したいことがありますが、サイトの目的や、ブランドイメージの方向性によってpointが変わってきますので、また別の記事で紹介しますね。

workshop_bnr

無料テーマの特徴まとめ

今回紹介したpointを無料のテーマ51種類では、どのようになっているのかざっくりとまとめましたので、テーマを選ぶ際の参考にしてみたください!

無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴
無料テーマの特徴