目を肥やすということ

こんにちは!karen.k デザイナーのカレンです。
今日は、目を肥やすことについて徒然なるままに書いてみようと思います。

参考資料を探しなさい

デザイナーは私の天職だなあと感じることがあります。それは、いいデザインが出来た時ではなく、自分のデザイン技術にガッカリする時です。デザインをする上で、ひとつ執拗に(笑)気にしていることが「未来の自分に誇れる仕事が出来ているか」ということです。

未来の自分にとって、現在の自分の作品は未熟です。故に、未来の自分が納得する仕事を ”今” 出来る、というのは不可能なのですが、できる限り未来の自分に手を伸ばすことはできます。デザイナーの私にとってそれは、今の自分には無い可能性を他人に見せてもらうこと。

かっこつけた言い方をしましたが、つまりは、他のデザイナーやクリエイターの作品を見て、参考にして、取り入れるということです。デザイナーを始めた当初、他の作品を参考にするなんて、プライドが絶対に許さなかったのですが、あるディレクターさんに「参考資料を探しなさい」と強く指摘されてから、参考資料の偉大さを知りました。参考資料を探し始めてから、デザインスキルの成長スピードが驚くほど早くなったんです。これは本当に、ダメなクリエイターあるあるなのですが、自分の作品を作る、自分を表現する、という事に固執して他人の作品を一切参考にしない。もしくは、世界に良いものが溢れていることを知らず、自分の小さな小さな世界だけで物事を完結しようとする。これってすごく勿体無い、というか、自惚れるなよ。デザイナー1年目の私に言いたいです。もし私が美術の先生だったら、上手に絵を描く方法ではなく、何故模写する必要があるのかを教えます(笑)

冒頭で、「自分の技術にガッカリするとき、デザイナーが自分の天職だと感じる」と書きましたが、それは、デザインが私にとって成長し続けれる分野と言い得るから。すごく興味があるんです。興味があるから、他のクリエイターの作品を見る、他のクリエイターの作品を見ては、自分自身にガッカリする、そして、悔しくて立ち上がる。デザイナーを始めた当初は自分にガッカリして終わりだったのですが、”参考にする”を取り入れることで救われました。人と比べて落ち込むってよくあると思うのですが、落ち込んだら真似してみるって結構おすすめです。「あの人の真似なんてできっこない!」なんて言わずに敬意を払って真似してください。

目を肥やすということ

デザイナーとして独立した最初の頃、ある人に「目の付け所がいい」と褒めて頂いたことがあります。デザイナーという仕事をしながら、私は自分のセンスに自信がなく、参考資料を探して徹底的に真似るということをしていました。自分のアイデアじゃないということを負い目に感じていたので「目の付け所がいい」という言葉にはかなり救われました。感謝しています。ちなみに今でも自分のセンスには自信がありません。これは一生そうだと思いますし、私がデザイナーとして成長するための栄養になっているのでそれでいいと思っています。

デザイナーを志した19歳の私は、どうすればデザイナーになれるのかがわからず、調べる能力もなく、ただ毎日を悶々と過ごしていました。それでも、いつかデザイナーになりたいという一心で、世界各国の美術館に出かけたり、デザイン集を買ってみたり、とにかく”世間で評価されている作品”に触れていました。私は、いけてない自分、おしゃれじゃない自分にコンプレックスを持っていたので、作品を作るということが恥ずかしくてできなかったのですが、いいものを見るということだけは続けていました。デザイナーになった今、その経験があってよかったな〜と、思うのです。

前に参考資料を探す大切さについて書きましたが、参考資料を探すにもいいものを選ばないと意味がないのです。参考資料がダサければ、ダサい作品しか生まれませんから。なので、世間で評価されているものを見る、というのは結構大切なことなんじゃないかなと思います。市場調査のようなものですね。

デザイナーとノンデザイナーではデザインへの向き合い方が違う

現在私は、デザイナーを目指している人と、デザイナーにはならないがビジネスにデザインを取り入れたい人、2パターンの人にデザインを教えています。両者ともにデザインの考え方とスキルをお伝えしていますが、前者には「選択肢を増やす方法」後者には「選択肢を絞る方法」でお伝えするようにしています。

私の培ってきたノウハウを伝えて、私のコピーデザイナーを育成するのは簡単ですが、私自身完璧なデザイナーではありませんし、デザインのアイデアなんて、一生で全部知りきれないくらい沢山あります。なので、デザイナーを育てる場合は、世界に溢れているアイデアを自分で模索し、試し、自分のものにするスキルと考え方を重点的にお伝えしています。

逆にビジネスにデザインを取り入れたい方には、私が培ってきたデザインノウハウを凝縮してお伝えします。ビジネスにデザインを取り入れたい方が求めているのは、デザインスキルではなく、デザインを取り入れ得ることによって得られる結果です。彼らの本職はデザインではないので、選択肢を絞り、彼らの貴重な時間を節約させることに注力しています。

デザイナーはデザインの目を、魚屋は魚を見る目を、ヒーラーは心を見る目を肥やすべきで、職業によって目を肥やす分野が違います。ノンデザイナーはデザインの目を肥やすより、自分の専門分野の目を肥やした方がいい。ただ、デザインとビジネスはかなり密接しているので、少し勉強してみるといいと思います。ビジネスをしている人なら、お金のお勉強するでしょ?デザイン=仕組みなので、お金と同じくらい大切な分野です。

Workshop